医者に頼りすぎない、自分で出来る健康法講座を展開しています。

画像

呼吸を使ったメンタル・ケア・テクニック

人間の一生で約6億回前後行なうとも言われる呼吸を使ったプログラムです。
呼吸のスピードと深さをコントロールすることで、心のケアを行ないます。
外資系企業等たくさんの実績がある独自のストレスマネージメントプログラムを改良し、老人ホームや熊本地震被災地で提供しました。

画像

血流、呼吸、脳神経をコントロール。

肺に取り込まれた酸素は、心臓左心系の肺循環〜右心系の体循環ルートに血液に載って体内を巡ります。そして、重力や筋肉の力等で戻って来ます。血液中の酸素濃度は「心」に影響を与えますから、呼吸の速度や深さ、運動など肉体的要素も心には重要な要素。
逆に、過去のトラウマや恐怖、心配などで手足が震え、発汗など心から身体に影響を与える事もあります。私たちのプログラムでは、血流、呼吸、意識の3つを有機的に意識的にコントロールする練習を行ないます。

インドの伝統医療を科学的に検証しました。

 

インド政府系のyoga研究機関での治療風景。患者ひとりひとりにプログラムを課し、治験を行なっています。西洋医学で原因不明の疾患も数多く手がけており、その中には精神疾患も含まれています。インド バンガロール (photo :maura healthy lab. )
★インドで行なった支援活動はこちら

 

インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」の滞在型ホスピタル。ひとりひとりに合わせた、アーユルヴェーダの治療、食事でデトックス、yogaもセット。
欧米の人たちは、1〜2ヶ月滞在して、これらの「治療」を受け帰国してゆきます。
マインドフルネス等のプログラムも、ここインドのめい想法をアレンジしたもので、欧米諸国では、西洋医学で治らなければ、治療法を求めてインドへ渡る例が数多くあります。
私たちのプログラムは、20年以上にわたり、様々な自然療法と最新の医療を分析、研究し、シンプルかつ自分自身で出来るプログラムにしたものです。(photo :maura healthy lab. )